YouTubeで1440 x 1080のファイルをキレイにアップロードする方法

あなたは今、Windowsムービーメーカーで動画を編集し、
キレイに出力したい!と考え、1440 x 1080のサイズで
YouTubeにアップロードしようとして困っていませんか?

YouTubeが横長のワイドスクリーンになったので、
Windowsムービーメーカーで編集した動画も
なるべくキレイなサイズでと考えて
1440 x 1080のサイズで出力しようとする気持ちはよくわかります。

しかし、1440 x 1080 のサイズでYouTubeにアップロードすると
縦長なサイズに変形されて再生されてしまいますよね?

この場合どうしたらいいのか?

一番いい方法は

■Windows Live ムービー メーカーで
1920 × 1080 のサイズで作り直す

です。

このWindows Live ムービー メーカーとは
Windowsムービーメーカーの新しいバージョンです。

最近のパソコンだと、古いWindowsムービーメーカーではなく、
新しいバージョンのWindows Live ムービー メーカーが
インストールされていると思います。

また、古いパソコンであってもWindows Live ムービー メーカーは
無料なので、これを機会にインストールすることをおススメします。

しかし、状況によっては作り直せない場合もあるかと思います

そんな場合はこの方法です。

■YouTubeにアップロードする時に、
 タグの欄に yt:stretch=16:9 と入れる

これでOKです。

これを入力しておくと、YouTubeで 1440 x 1080のサイズの
動画を再生するときに、縦横が自然なサイズで再生されます。

あなたも YouTubeに動画をアップロードする際に
参考にしてくださいね。


【関連記事】